ホームメール北海道ギフトセット
産業ガス・ケミカル家庭用ガス・ガス器具機械・工具トピックス会社概要
トピックス


NOSについて
 (亜酸化窒素システム)
窒素安全タイヤ充填機
 (N2チャージャー)

■トピックス


●窒素安全タイヤ充填器
−チッソガスをタイヤにチャージして安全と安定走行を実感!!−


安全と環境に優しいメリット

1.バーストの危険、火災事故を防止。
2.漏れが少なく、最適内圧を長時間維持できる安定走行の持続。
3.走行性能の向上で燃費も向上。
4.社内に伝わるロードノイズの減少。



タイヤに良いことずくめの窒素ガス
窒素安全タイヤ充填機
バーストの危険万一の火災事故防止は、窒素ガスが不燃性の
不活性ガスだからです。

 そのうえ空気と比ベタイヤヘの浸透率が低く、タイヤの最適内圧を長時間保ちますので、安定した走行性能も長時間維持します。このため燃費の向上にも役立っています。

 この高い安全性から航空機・レーシングカーが先鞭をつけ、現在では建設機械・モノレールなどの新交通タイヤ電車等にも使用されております。


操作要領

(1) 設置場所に応じて「固定式E型」と「移動式D型」とがあります。
また設置場所とタイヤ充填場所との異なる条件があり、移動ホースは最低10M(φ6.5mm)としております。
(2) 車種によるタイヤ充填圧力の相違は、ボンベにセットされた「圧力調整器」のハンドル操作で設定します。
設定圧力は、2次側圧力計に表示され目視で確認できます。
(3) タイヤ充填作業は、ホースを伸ばして行いますが、格納にはD型の自動ホースリールタイプが便利です。
(4) 各機器の接続は、すべてアポ□ワンタッチ継手での着脱ができ、操作が簡単です。
(5) タイヤヘは、窒素専用のエアチャックタイヤゲージ「ゲージボタル」で充填できます。



タイヤヘの窒素ガス充填方法

タイヤヘの窒素ガス充填方法
(1)車両をジャッキアップします。
(2)タイヤのエアを抜きます。
(3)最初は窒素ガスを0.1MPa充填します。
(4)その窒素ガスをいちど抜きます。
(5)規定圧力まで窒素ガスを充填します。
(6)最後にガス漏れを確認して終了します。



機器構成

(1)窒素圧力調整器
(2)ハンドカー(ボンベ台車、固定バンド付)
(3)連結ホースユニット(アポ□コック付)
(4)自動巻ホースリール(ホースφ6.5mm×10M アポ□コック付)
(5)窒素専用エアチャックタイヤゲージ(ゲージボタル)
(6)容器開閉八ンドル



仕様


窒素ボンベ            窒素素ガス15MPa内容積7m3
窒素用圧力調整器       1次側圧力計25MPa
                  2次側圧力計2.5MPa
タイヤゲージ充填圧力    0.25〜0.6MPa(0.5〜1.2MPaも用意)
ホースリール(自動巻式)  φ6.5mm×10Mホース(標準)
                 アポ□コック接続方式



この商品に関するご質問・お問い合わせは
コスモ通商まで